学校で出る宿題の量

学校で出る宿題の量について

学校で出される大量の宿題

学生たるもの、学校生活を謳歌したいと考えるのは理解できますが、それを阻むかのように大量の宿題がそれぞれの科目から出されたことがある人も少なくはないでしょう。しかし、その宿題の意味を考えたことを理解せずただこなす、あるいは写す学生は少なからずいます。学校側としては、部活を引退し受験期を迎えて急激に勉強時間が増えた、という感覚を抱かせないよう、普段から机に向かう習慣や復讐の習慣をつけてほしいと考えています。それを各教科の先生が行うので大量になってしまいがちですが、手の付けやすいところから取り組むだけで目標は達成していると言えますので、ほんの少し机に向かうところから始めてみてはいかがでしょうか。

最近は宿題の量が増えている

いわゆる「ゆとり教育」の実施によって学力の低下を招いたという批判から、学習指導要領は明確に脱ゆとりの方針を示し、履修時間の増加と学習内容の高度化、そして家庭学習の習慣化を求めるようになっています。年度初めに各学校の方針が提示されますが、その多くが家庭学習の学年ごとの目安時間を示し、それを達成するように努力目標を設定しています。宿題は家庭学習の習慣化に役に立つという考えのもと、小学校低学年の時点から多くの量が課せられるようになっており、それが当たり前という流れになっています。脱ゆとり教育の成果が目に見えて表れるのはまだ先ですが、宿題で鍛えられた子供達の活躍が期待できそうです。

↑PAGE TOP